相場格言とは、先人たちが実体験した相場心理などを基にして言い伝えられてきた格言で、株式投資やFX取引などをする際の心構えとも言えます。
ちらっと頭に入れておくだけで、取引で迷いが出たときや冷静を欠いた時に役立つかもしれませんので参考にしてみてください。

機会は短く、待つは長い

売買で利益を生むチャンスはいつだって短いものです。めげずに、早まらずにきちんと待ってタイミングを待ちましょう、ということです。これができないとFXであればポジポジ病になったり、投資をギャンブル的に行うことにつながってしまいます。

陰陽は循環す

大きく言えば上がるか下がるかの二択しかない相場、今は下がっていても永遠に下がり続けることはありません。

頭と尻尾はくれてやれ

「頭と尻尾」とは「天井と底値」のこと。誰でも一番レートが良い時に取引したいものですが、その一番良い値を見極めるというのはなかなかできることではありませんし、期待しすぎるとリスクを伴う可能性もあります。なので欲張らずに、下げの動きが続いていたのが少し上がってしまっても、「底値がどこだか分かった」という情報分のコストだと思い、頭と尻尾はくれてやる精神で確実に儲けることを考えましょう。

売るべし、買うべし、休むべし

先程も出たように相場は上昇か下落か、売るか買うかしかありません。その二択すら定まらないようなら三択目、きちんと休むことも重要な選択です。無理に取引に参加せず、ちゃんと相場を見極めて狙って利益を得られるように準備しましょう。

売り買いは腹八分

「頭と尻尾はくれてやれ」と同じように、リスクを負って100%の利益を狙うのではなく、ほどほどに利益を積み重ねていこうという意味。また資金も無理はせず、余裕のある範囲で投資資金を作るようにしましょうという意味もあります。

山高ければ谷深し

上昇が大きければ大きいほどそのあとの下降もきつくなります。急騰後に急落する傾向があるのも同様で、今が良い状態だからと安心していると足元をすくわれるので冷静に判断しなければいけません。

漁師は潮を見る

漁師は確実に魚を捕るために海を学び、魚を学び、また実践して学んでいきます。魚が欲しいからといってむやみに海に出たり、とりあえず潜ってみる漁師はいませんよね。ある程度の根拠と経験則を基に漁に出ています。
同じように、投資でも利益を得たいと思うならきちんと相場の流れやルール、傾向を見極める力を身につけなければいけません。
もちろんデスクワークだけでは限界があります。何事も机上でも勉強した上で、実践してまた経験を積み重ねていくしかないのです。

見切り千両

一つの銘柄やポジションに固執して塩漬けしたり含み損を増やすのではなく、大損になる前にきちんと見切りをつけようという言葉です。
確かに利益が出ていれば更なる利益を期待してしまいますし、損失になっていれば少しでも回復することを祈りますよね。
しかし祈るということは結局は神頼み。この程度で良かったと前向きに次の取引に繋げましょう。

落ちるナイフを掴むな

英語でも「Don’t catch a falling knife.」ということわざになっていますが、急落時に買い取引を行うことは落ちてくるナイフを素手で掴もうとするくらい危険な事であり、ナイフが床に落ちたことを確認してから拾ってもいいじゃないか、という考えです。

株式と結婚するな

これも「Don’t marry your stocks.」ということわざからきていますが、どんなに人気であったり安全に見えている銘柄でもいつ何が起きるか分かりません。結婚したと安心するのではなく、パートナーとしてふさわしいのか、常に投資判断し続けていかなければいけません。
またどっぷりのめりこまずに、資金に余裕を持って投資をしましょうという意味もあります。

 

ほとんどが株式市場、為替市場に共通することであり、
「冷静に判断すること」「欲張り過ぎないこと」を主とした格言がとても多く、日本だけでなく英語由来のことわざも多いことから世界中の投資家が同じように悩んでいることが分かります。
この他にも相場格言は山ほどあるので、気になる人はぜひ調べてみてくださいね。